スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
天祢・マコトED
2008/02/28(Thu)
4人目天祢グッドED。5人目マコトグッドED。どちらもスチル1枚埋まらず。

ラスエス2はキャラ同士の連動イベントがまだまだありそうなので、
毎回竜崎を永久指名できる状態にないのがイベントが埋まらない原因の一つかも。
天祢の時はマコト庶民イベも回避したし…。あの2人がいないと気持ち的に楽なので、つい。

オークションでちまちま稼ぐのに飽き、高値売りを試してます。
これまでつけた最高値が、ビーズクッション11万2千円、幸せの青いブタ貯金箱11万1千円。
フリマで2000円、5000円の品を10~11万円スタートした結果。まだ開始価格上げられるかなぁ。

で余裕ができたので、マコトを1月のNO.1にする!と意気込んだものの、
170万入れても竜崎に勝てず、200万(シャンパンタワー+ゴールド5本)つぎ込んで赤字。
…これ赤字のまま月変わっても即ゲームオーバーにはならないのね。
甲斐あってナンバーワンコールは聞けた。2ではNO.1じゃなくてもグッドEDになるのだけど、
やっぱりこの身を持ち崩す感覚が、ホストゲームの醍醐味だと思うー。
早飲み対決もマコト相手なら勝てることが判明。玲司強すぎだよ。

天祢さん題材は面白いので、もっと掘り下げてほしかったな。好き者ですね。
マコトは清々しくてよかった。萌えた。スペシャルイベント見られなくて残念。
次は涼。今度こそ竜崎のイベントを進めたい。
スポンサーサイト
この記事のURL | ラストエスコート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ラストエスコート2感想・攻略メモ
2008/02/24(Sun)
ラスエス2で3人のEDを見ました。つ、疲れた。
キャラ別はまたにして、ここまでの全体感想。ネタバレはないはず。

1人目雅也グッドED。選択肢のみで約3時間。
2人目玲司グッドED(雅也ルートで参照パラがわかったので予定変更)。竜崎登場せず。
3人目香希グッドED。試行錯誤してようやく竜崎登場。

スケジュール調整してやっと竜崎に会えたと思ったら、
玲司狙いのときはすんなり起きたマコトのイベントが起きなくてやり直したり、
ファーストロゼ前に奮発してシャンパンタワーを入れたら、
TAX20%を忘れていて赤字転落、月末に給料が入って黒字に戻したり。
早飲み対決に勝てなかったり、ゴミが散らかったときに限って香希が部屋に来たり、
オークションで高値がついて喜んだ一方で、高額の家具になかなか入札がなかったり。
シナリオには正直がっかりもしたけれど、手探りで楽しんでます。

システムは前作に比べれば快適。イベントスキップ便利。
簡易セーブロードで選択を間違えてもやり直せるのは楽。
ただ画面切り替えは遅い。突然既読スキップが始まる。スケジュール画面の早送りしたい。
スチルは綺麗、声よし音楽よし。シャンパンコールは聞きやすく楽しいv
主人公芹香はちょっと印象弱いけど可愛くて、仕事にご飯に(?)頑張ってる。
攻略対象は今のところ前作より子供っぽさが目立つが、
それぞれ魅力はあり萌えイベントもちょこちょこ。
玲司・涼・天祢の強制イベントが多い!芹香を好きになるまでが早い。
ホストとの恋の駆け引きという感じは薄い。ホストクラブじゃなくてもいいような気もする。
キャラによって難易度に差があるので、玲司から始めるとヒントを拾えてわかりやすいと思う。
少しずつ参照パラやイベント発生の手がかりが見つかるのはいいな。ゲーム性はまずまず。

その一方でシナリオが弱く、イベントを並べた印象は拭えない。
事情がわかっても現実に引きつけて理解できないというか、上滑りな感じを受けます。
あ、雅也は思うところもあるけど良かった。満足。
涼と竜崎への期待を募らせつつ、次は天祢さんへ。

続きから攻略メモです。未確認(推測)の内容を含みます。

この記事のURL | ラストエスコート | CM(2) | TB(0) | ▲ top
本日発売
2008/02/21(Thu)
さてラスエス2本日発売。

最初は雅也から、次に天祢さん行ってみるつもりです。
今回はキャラクター攻略という部分を色濃く出してみたということで、
できるだけ情報遮断して自力で頑張る…予定。
もっともB'sLOGはちら見してしまったのだけど。
ヴァンテ作品にオネエ言葉の男性は欠かせないね。

シャンパン入れるよー。泣いて笑って酔って眠って、終わったら少し元気になれるといい。
この記事のURL | ラストエスコート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バレンタインイベント08開催中
2008/02/16(Sat)
胸キュンのバレンタインイベント、始まりましたね。

D3TwinkleDateシリーズ全作品の攻略キャラクターに、
今年は「花柳剣士伝」「DEAR My SUN!!」「ラストエスコート2」が追加。
ユウト(+3P)と黒須雅也(+3P)、MELODY(+2)に渡してきました。

去年は好き・普通・失敗の3段階でしたが、今年はもう1段階増えたのかな?
去年のメンバーの好みのケーキと贈った時のセリフは同じ様子。
雅也眼鏡ー!口調はあまり変わってないような…。
DMSに幼少ムスコと清四郎がいなくて寂しい。人数多いしね。

■2/15 6:00時点のランキング。20位まで。
1位仙道清春218個、2位チヒロ186個、3位草薙一139個、4位真壁翼136個、5位グリーエン119個、
6位シャルトリュー100個、7位カズマ90個、8位大石鍬次郎86個、9位七瀬瞬83個、10位玲司83個
11位竜崎直夜81個、12位ハルカ78個、13位九神炎樹75個、14位近藤勇64個、15位鷹見彬56個、
16位ジュン52個、17位斎藤一51個、18位吉良雅伸50個、19位風門寺悟郎49個、20位臣万里48個

ビタミン人気。サイトに結果をお寄せ頂ければ嬉しいです。

あとD3P新作情報を。DSオリジナル乙女ゲーム、
コミック体験アドベンチャー「星空のコミックガーデン」2008年夏発売予定。
DMSライブイベントレポートにラフ画がきています。


続きから拍手返信です。ありがとうございます。
この記事のURL | ゲームいろいろ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ユア・メモリーズオフ
2008/02/10(Sun)
メモオフシリーズ初の女性向作品「ユア・メモリーズオフ~Girl's Style~」。
秀巳→俊一→くーた→(俊一視点)海→清孝→(俊一視点)キヨ→拓→理人
→YourトゥルーEDで、エンディングリスト完成。
1周目が音声聞いて7時間、2周目以降は2時間かな。共通ルートが長め。
今は既読率を100%にすべくちまちま埋めてます…がきっと途中で投げる。

ちなみにシリーズは初プレイ、シナリオの清水マリコさんの本は読んだことあり。

丁寧に作り込まれたノベルゲームで、乙女ゲーらしさとの距離を楽しめた。
システムは至れり尽くせり。自動クイックセーブと章別リプレイ機能(全ED開放後)
のおかげでほとんど手動セーブしてない。ショートカットも便利。
同じスチルイベントでもそれまでの行動で展開が変わったり、細かい分岐が多い。
俊一EDは4種類も要らないけど…ノーマルED見るのに手こずって「Free」がほぼ歌えるようになった。
俊一の視点で物語を裏側から見つめるリバースモードが面白い。
音楽はバンドものだけあって非常に印象的。「Wish-Instrument-」とかつい手を止めて聴いてしまう。
主人公の海と攻略キャラ全員にキャラソンがあり、作中でも効果的に使われている。
それだけに演奏シーンの演出には不満だー。
もっと絵の枚数使ってバンドとして魅せてほしかった。

ストーリーはバイトとバンド活動のどこかにありそうな日常生活を軸に展開、
そこにキャラの秘密や、カフェの片隅の絵・失くしたCDといった小さな謎が散りばめられている。
この伏線の巡らせ方は見応えあった。俊一と姉の出来事は肩透かしだけど、これはフェイクなのかなぁ。
攻略対象は皆、最初から海に好意的なので、付き合い・意識し始めてからの変化やすれ違いが中心。
個性的なサブキャラの存在は物語を引き締めていて、
特に姉の陽の痛いところを突いてくるやり方は、女きょうだいならでは。
「(海は)ササシュンクラスに誘われでもしなければ、あえてバンドなんかやろうとしないよ」
でも決して嫌じゃない複雑な魅力を持つキャラ。

登場人物はリアルに近く、それぞれに過去や心の闇を抱えて時に「病んでる」けれど、
清水さんがさらっとした読みやすい文章を書く方なのもあって、あまり重さを感じさせない。
あ、鬱要素苦手な人は避けた方が。でも誰も死なないしそんなに派手な事件が起きるわけでもない。
そこが私には良かったのだけど、淡々として盛り上がりに欠ける、面白みがないと感じる人もいると思う。
乙女ゲーム的なわかりやすい萌え・甘さも少ない代わりに、エチに至る流れは自然。
文句なしにいい男なのは秀巳とテンチョーだけど、俊一も可愛いなぁ(笑)
海は素直な頑張りやで好感の持てるヒロイン。名前変更できないけど入りやすかった。
俊一と理人に対する心の中のつっこみが好きだv

個人的に良かったシナリオは、陽との確執を通して進行する秀巳編。甘さもしっかり。
くーた編は腑に落ちなくていまいち。くーた、他のルートでは魅力的なのに勿体ない。
俊一編と清孝編はそれぞれリバースモードとセットで読むと、深くて面白い。
海グッドEDにはほっとした~。俊一×海のカップリングは目線が同じで似合ってる。
俊一視点キヨバッドEDは友情とは違うけどBLにも見えなかった。共依存だね。
スチルは崩れているものもあるけど、許容範囲の崩れ方でした。

幸せなだけじゃない日常の、すぐ側にある小さな輝きを拾い集めていくような物語。
そこにあるのは人は孤独だけれど、気持ちは伝わるし繋がることができるという
シンプルなメッセージだと思う。音楽がそれを強く支えている。
何を負っても特別じゃなくても、自分は自分のままで生きていくと信じる気持ちになる。

できたら時間的にユアに続く、シリーズ3作目「想い出にかわる君」にも手を伸ばしてみようかなと。
ネタバレは知ってるんだけど、トゥルーEDのテンチョーの言葉を聞いたら見届けたくなった。
この記事のURL | ゲームいろいろ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
メール交換イベント
2008/02/08(Fri)
ちょっと浮上。
間違って画面メモからアクセスかけて、恋モバ一日分できなくなってしまった。

ラスエス2発売まで2週間。
公式の開発日記ではホストとのメール交換イベントの応募受付中。12日(火)まで。
日程的に当選してもやり取りできないのが見えてるので応募してませんが、
応募者多数につき当選枠拡大と盛り上がってますね。
当選した方はぜひぜひなりきって楽しんでくださいませ。

そういえば、胸キュンはバレンタインイベントの動きがない。
DEAR My MOM!!イベント前で字原Pは休業中だし、人手が足りないのかな。
ラスエスの大恋愛中アイテムが配信になったのでDL。
Flash待受でカズマがまばたきしてる。

ユアはエンディングリスト埋まりました。
一部シナリオや演出にがっかりもあるけど、個人的にはかなり好みだった。面白かったです。
感想はそのうちまとまり次第。
この記事のURL | ラストエスコート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。