スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
旅SS「白い村」
2007/05/18(Fri)
ヨーロッパの旅5日目ミハス小ネタ。シャルトリュー+主人公+草薙一。


「ここは、白の国……。綺麗……。」

そのとき、路地の奥から悲鳴と逃げ惑うような足音が聞こえた。
さっとかばうように前に立ったシャルの背中越しに、白い生き物がうごめくのが見える。

「白い…ワニ?地中海にもワニっているのね」
「ヘビ、トカゲ……カメもいる。みんな、白い。ミハスに住んでると、白く……なる?」
「まさか。なにかの撮影とか……。あ、一君?」
「よっ、シャルに先生。一緒だったのか」
「ええ。この騒ぎはなに?」
「ああ、瑞希が白物召喚しちまって、手分けして回収を……お、いたいた、コモドオオトカゲ!」
「召喚?」
「瑞希……トカゲを連れた、背の高い……人?」
「そーそー。瑞希は白い爬虫類を呼び寄せる特異体質なんだ。ほら、こっち来い~。やっぱ、かわいいよなぁ」

呼ばれたトカゲがぎろりとこっちを睨んで、シャアッ!と叫んだ。

「か、かわいい?」
「うん、かわいい。おれ、綺麗なものは……好き」
「……えっ」
「シャルもそう思うか!じゃ、これはシャルに任せるな。俺はこっちのナイルワニを連れてくから……また後でなっ。集合時間に遅れんなよ!」

一がワニを担いで去るのを見送ると、シャルは白いオオトカゲを抱き上げた。
唸り声を上げるその背中を、ぽんぽんとあやすように叩いている。

「……そういえば。シャル、悲鳴が上がる前になにか言いかけなかった?」
「ん。この村が、綺麗だから。おまえは、どう思うかなって」

そう言ってにっこり笑うシャルの後ろには、地中海の青に映える白い街並と白い爬虫類。

1.落ち着かない
2.明るいね

――Answer?
スポンサーサイト
この記事のURL | SS+拍手返信 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<この手を離さないで | メイン | メロメロバトン>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://solenoa.blog64.fc2.com/tb.php/185-f229d152

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。