スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
浪漫茶房所感2
2007/09/04(Tue)
上新粉とか見かけると、組み合わせたくてうずうずします。
架槻、瑣已、暁尚と終わったところで、もう一度感想。ややネタバレ。
やっぱり手間はかかるけど、その甲斐あって物語に引き込まれました。
ばらばらに存在しているパズルのピースが、一つの形を成していく快感。

柏架槻。最萌え。なにあの眼鏡なしスチルのカッコ良さは。
声と筋の通った話し方に好感。真面目で一途で可愛すぎるー
と、にやにやしてたらあれでダメ押し。途中でやめなくてよかった…っ(惚)
消去法でもこの人しかいなかったので、正体はすぐわかりましたが、話の運びが上手かった。
選択肢を外して見たBADEDも、架槻が凛々しく千歳もしっかりして印象深い。

葛生のお兄さん。最後まで皆に言われてる通りのダメな人で(笑)愛しかった。
大人の男の弱さや甘えが上手いー。スチルイベントも色っぽかった。
千歳と二人で幸せな家庭を作るといいよ。貧乏くじ奏真が非常に好みです。

道明寺暁尚。甘ー!ほとんど身体接触なしでここまで甘いとは…ごちそうさまでした。
安心して頼れる人。葛生のお兄さんじゃないけど、暁尚も千歳も可愛い可愛い。
ただの幼なじみとしてもいい感じ。ラストは貫禄でてきてちょと寂しかった。

もう少し丁寧に作り込まれていたら、手応えのあるSLGと呼べたのかも。
このシステムを乗り越えて何周もするには一味足りないかなぁ…。
千歳がよく喋るのと攻略対象の描写不足もあって、EDを見るとそれで完結してしまう感じでした。
でも世界観は気に入ったので、新作終わった頃にまた挑戦できるといいな。
(隠しキャラ用の分岐セーブデータが残ってなかった;)
スポンサーサイト
この記事のURL | ゲームいろいろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<DMS発売日 | メイン | イベントパンフ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://solenoa.blog64.fc2.com/tb.php/219-4f53950e

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。