スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
悠久ノ桜-1
2007/10/06(Sat)
やっと元の時流に帰ってこれました。ハマりすぎだ自分。
全員のスチルが開いたところで、ややネタバレ。

攻略順は、義地→史郎→隠し赤→克→章都→隠し青→結→颯真。
→再び隠し青でスチルコンプ。イベント・アイテム空きあり。
メインシナリオの颯真を最後に残したのはよかったのかどうか、
チャートがきれいに埋まって気持ちよくハッピーエンドで終われた。
最萌え、男口調の桜樹!…を除くと克?颯真も史郎も隠しの人も皆大好き。

唐突な展開、好きになる理由が弱い、銃の属性による違いがわかりにくい、
室町・江戸の時代背景が見えにくい…と欠点は思いつくものの、
シナリオはサプライズ多く飽きさせない。
特にテーマとされる「三角関係」と「二面性」がすごく面白かった。

三角関係は嫌味なく丁寧に作られていて、
Aのルートに入ってBの元へ走ったときのAの反応に胸が痛んだり、
二人の間で何度もぐらぐらした。かえって一途だと楽しさがわからないと思う。
二面性の部分は各キャラとも立ち絵のパターンが充実、
あの人とかこの人とか格好良くて困るー。声優さんの演じ分けも聞き応えありました。

あとシステム快適、セーブロード早い。マメプリから何があったんだ。
主人公は突然泣き出す以外はわりと普通の女の子で、ヴァンテヒロインの中では感情移入しやすいかも。
射撃訓練・アイテム収集楽しい。欲をいえば食べ物とか
各時代ならではのアイテムが欲しかったけど、お持ち帰り厳禁なんだろうか。

続きから大正・江戸組ネタバレ。
・史郎
結婚してください、と乙女ゲで思ったのは初めてかもしれない。非の打ち所ない、いい男。
ラストはそれでいいの?と。や、流之介はカッコイイし出征は心配なんだけど。
現代Ver.に胸ふさがれそうです。電撃GSのSSはこの人だったのか…(ほろり)
未来を見ているのに過去にしか幸せがないとしたら切ない。

・克
序盤のへたれ可愛さにキュンとして、終盤のたたみかけるような連続キスと立ち絵変化に転げ落ちた。
少年が男になった…っ。真っ直ぐで振るのがいちばんつらかった。
主様に宝玉を返すくだりはやや拍子抜け。パラレルEDは考えてしまって涙腺危なかった。
MAP会話に初めて念銃発動した話があるのに何周もして気づく。

・章都
20年も寝てたのにエロいですね、と思ったのは途中までで紳士的な人でした。
柄の悪い喋りがだんだん癖になり、琴子にいいように弄ばれていて可愛くなり。
黒優勢なので、普段の章都にももう少し見せ場をあげたかった。EDは…淋(本音)

・結
個人的に今作いちばんの鬱展開。…良かった。望まぬ戦いを強いられる叫びが胸に迫った。
大人は反則だー!ちょいGS葉月珪似。桜樹へのお披露目イベント楽しすぎる(笑)
結局主人公は何で復活したのか、愛の奇跡?後日談似合う~和む。
江戸時代は話が入り組んでいる印象。

追記。レビューサイト様で結EDの解釈を拝見して、納得。
だから20年後なんだ…!一言説明してくれたら~ああでもすごくいい感じの二人。
スポンサーサイト
この記事のURL | 悠久ノ桜 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<悠久ノ桜-2 | メイン | DEAR My SUN!! -2>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://solenoa.blog64.fc2.com/tb.php/225-dfc0a03f

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。