スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
挙式前夜
2006/06/19(Mon)
前の3択に回答してくださった方、ありがとうございます~。
続きは後日。つまらないものですが軽く読み流して頂ければ幸いです。

さて、チヒロとの挙式前夜。
最終プランニングを予定通り8P特殊狙いで済ませての、花嫁の心境。

チヒロは可愛い。
頭いい顔いいセンスいい、歌も上手くてスノボも得意。
若くてエロくて一途で甘え上手で天然で癒し系で、
そう遠くない将来に大人の男になって、地位と名誉と財産も手に入れる。
これはあくまでジューンブライド「体験」だけど、もったいないお話だと思う。
明日が楽しみだしドキドキする。
心の準備に恋モバで指名したら、アフターまで行って、
「○さんがいて……幸せ」と言われて正直めろめろだ。

でももし『黒蝶SP』のタキシード姿のカズマが出て来たら、
そっちに駆け寄ってもいいですか。

そんなこんなで、突発カズマ×明里SS。鼻で笑ってください。
「なんで明日結婚する花嫁が、そんな沈んだ顔してるんだ」
「…だって」
「ただのイベントだろ。プランニングのときは随分楽しそうに見えたが」
「それは、そうなんだけど」
「チヒロを困らせるなよ。嫌なら辞めるか?」
「やるわよ!」
「…やるんじゃないか」
「カズマくんは…気にしない?私がその、他の人と結婚しても」
「……」
「どうかした?」
「いや、少し良心の呵責を覚えただけだ」
「?」
「とにかく、これはただのイベントだ。イベントが終わったら、そのときは」
「……あっ」

カズマは白の長手袋をした明里の腕を掴むと、強く引き寄せる。

「俺がおまえをさらいに行く。チヒロでも誰でも、渡しはしない」


ボトル総入れする上客を取られたら困りますよね。
むしろ、カズマの目の前で結婚してやりたい気がしてきた。
スポンサーサイト
この記事のURL | ラストエスコート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<挙式当日 | メイン | SSになりかけの和希話>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://solenoa.blog64.fc2.com/tb.php/55-97967550

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。