スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
発売1ヶ月前のあれこれ
2006/09/10(Sun)
電撃PS。令嬢探偵のベタさに目を引かれつつページをめくっていたら、
最後にどーんとマーメイドプリズムのパッケージイラストがありました。

うわ……やっぱりこの原画さんの絵好きだ。
王子らしく品があって癖がなくて、童話のロマンチックな世界観に合ってると思う。

シャルって顔キレイだな~。
声がどうも肌に合わないんだけど、画面の表情と合わせたら感じ変わるかな。
限定版でトーヤがグリーエンに迫ってるのは、ああいうタイプが好みなのか。
仲良くなれそうだ。いやむしろライバル?まさかね。

ハルカは35才とか眼鏡+スーツとか、気になる要素がいろいろあるけど
……カズマ・悟タイプの匂いがして、絶対ハマリたくない。
でも声がいいから、ラブシーンで転げ落ちそうで怖い。

声といえば、CVに6人以外で鳥海浩輔さんの名前があるのは隠しキャラだよね。
ライン?ラインのCVって公開されてたっけ。婚約者の兄も美味しいな。

で今のとこ本命、グリーエン×ルイ先走りSS。現実設定あり。
紅い境界、行くも戻るも。
「今は違う。この世界では姉弟じゃない」
「でも、魂は同じだもの!あなたは紅蓮で、私の……弟、だもの」
「紅の王子、グリーエンだ。それ以外の名前はいらない。向こうには戻らない」

「だって……お父さんやお母さんは、どうするの。友達もいる、バイクも買ったばかりで」
「……たぶん、なにかを選ぶってことは、それ以外のものをあきらめるってことなんだよ。
俺はおまえと一緒がいい。誰が許さなくても」

苦しげな表情は一瞬で、すぐに強い眼差しがルイを捉えた。
自分ひとりのために、現実世界を捨てるつもりの弟。
どうすればいい。どうしたいの。

「それとも現実に戻ってこの世界のことは忘れて、おまえが他の男と幸せになるのを見てろって言うのか。
ルイは平気なのか。俺が他の女とつきあって結婚して、その一番近くで笑ってられるのか」
「……平気じゃ、ない……けどっ……」
「だったら!」

グリーエンはルイを引き寄せると、かき抱く腕に力を込める。

「うんと言えよ、ルイ。俺と一緒にこの世界に残ると言ってくれ。
そうすれば触れることができる。この肌の下を流れる血は、今は同じものじゃないから」


現実に戻るときは、薬飲ませて異世界のことは忘れるのもありかなぁ。
スポンサーサイト
この記事のURL | マーメイドプリズム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<生写真セット | メイン | 父親譲り>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://solenoa.blog64.fc2.com/tb.php/92-64ecedd0

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。