スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
5月現在のゲーム状況
2008/05/07(Wed)
まだ日にちが残っていますが、お花見イベントのご協力ありがとうございました。
拍手からメッセージ送ってくださった方もありがとうございます~。
お役に立てましたら幸いです^^

ブログも滞りがちですが現状など。

・進行中
エーデルブルーメ [PS2] オーギュスト・バラージュグッドエンド
ななつ夜幻世録・女主人公版 [携帯] 尚正グッドエンド
マーメイドプリズム~恋するモバイル現世篇~ [携帯] ライン終了→ハンスイベ2個目(笑)

・購入予定
6/19 遙かなる時空の中で4 [Wii]
6/27 妖ノ宮 [PC]
8/21 東京魔人學園剣風帖 [NDS] 
9/25 カヌチ 白き翼の章 [PS2]

あと令嬢探偵の廉価版が7/3発売!保存用に買うかも。
でも6~7月はユアのドラソンもあるんだ…(ここまでユアのCDは全買い)
ななつ夜は細かなミスも気になるけど、面白いです。
カヌチのポストカードプレゼントは外れました。オウバ見たかった、残念。

身の振り方がほぼ決まったので、サイトは6月末をメドに縮小運営予定です。
間近になりましたらまた告知します。
この記事のURL | ゲームいろいろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お花見イベント開催中
2008/04/22(Tue)
遅咲きの桜が開花です。
1日目ノーヒントでB6→BAD、T6→NORMAL。B6はこれBADなの?私はこれでいいよー。
2日目ヒントをにらみながらB6・T6ともGOOD END。よしよし!
T6の芸はなかなか見物でした。九影先生男らしい(笑)このイベントの担任製お弁当は美味しそう。

GOOD条件に2~3個当てはまるとNORMAL、1個以下でBADかな。
選択肢はひとまず本館コメントページに上げておきます。
ご協力くださる方いらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いします。


あとこれは胸キュンではなく、トイズwalkerの新作コンテンツ話題。
携帯恋愛シミュレーション「クラノア」今夏配信予定。
シナリオはオレハニ、花宵ロマネスクの加藤千穂美さん、
キャラクターデザイン・原画をラスエス2のキリシマソウさん。

『舞台は現代、双子の姉と一緒に事故に巻き込まれたヒロイン。気づくとそこは真っ白の世界だった。
失った記憶、遠い現実の向こうで、捜し求める真実の世界。わたしの手を握るのは…。』

トイズメルマガに載っていたキャライラストは2人とも左目を眼帯で隠してました。
…病んでる?機種対応していたらちょっと覗いてみたい。
この記事のURL | ゲームいろいろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
B'sLOG6月号
2008/04/18(Fri)
すっかり間が空いてしまって、雑誌を見ても何が新情報やら…です。
B'sLOG最新号から目に留まったものを。

・蒼黒の楔(そうこくのくさび)緋色の欠片3 [PS2]
「緋色の欠片」シリーズ最新作、「緋色の欠片」(以下「1」)の続編。
キャラクター原案カズキヨネ、キャラクターデザイン・原画いけ、ディレクター鈴木孝之。
「1」から1年後の夏、平和な村を“人の世の終わり”という異常事態が襲う。
主人公たちはこの異常を調べるうちに、ある“鏡”が原因だと気づき…。
主人公珠紀と6人の守護者は「1」からの続投、さらに物語に関わる新キャラクターとして
記憶を失った純真無垢な少年・凛と寡黙でマイペースな青年・ケテル。「2」キャラの登場はなし。
写し鏡システムで守護者やサブキャラの過去や未来の話を読むこともでき、
「緋色」の世界観はそのまま「1」以上にキャラたちの心情に深く迫るストーリーになっているそう。
原画が変わっていますが雰囲気は似せていて、ゲーム画面の立ち絵も「1」を使用しているように見えました。
カズキさんの絵が好きな人にはメインビジュアルの拓磨、祐一、遼あたり違和感はあるかも。
8月発売予定、通常版7140円。

・薄桜鬼 新選組奇譚 [PS2]
電撃GSでも公開済の土方・沖田・斎藤・近藤・永倉・原田・藤堂・山南に加え、
山崎(≠攻略キャラ)・伊東を紹介。
旧体制を助けるために用いられる渡来の鬼と新しい日本を作ろうとする側に利用される古来の鬼…
ただし本作の吸血鬼や鬼の概念は皆が思うものとは違うようです。
京都で新選組が活躍する頃から蝦夷へと敗走するあたりまで、史実とは異なる展開も描く。
見どころは「カズキヨネの描く男の色気と殺気、そして時代に翻弄された男達の熱い生き様」
と、藤澤経清ディレクター談。

カヌチ 白き翼の章 [PS2]
サブキャラクターと、星読・自室のシステムを公開。
主人公アキのちびキャラは頭大きめ、公式ブログのクイズに登場した白い耳の動物も。
ゲーム開始時、星読によって主人公の初期パラメータと初期装備素材アイテムが決定。
1階の工房で武器の作成やクエストのコマンドを選択、2階の居住エリアではご飯を作るお風呂に入るなど。
王立警備隊からクラトをクローズアップ。描き下ろし付き。
イラストから受けるイメージより、台詞回しが現代っぽいというか砕けた印象でした。

妖ノ宮 [PC]
姫君が4人のうち誰を後ろ盾にするか選ぶことになる、重臣たち“四天王”を紹介。
眼光鋭い白髪の長老・御年70歳!の「神流河本紀」(CV:中田譲治)、
森の眷属を束ねる狼の妖(モフモフ)「伽藍」(CV:中井和哉)など個性的な面々が揃います。
攻略キャラなんだろうか…。本紀は姫君の血縁者なので恋愛とは違うのかも。
姫君には人間関係図があり、そこに表示される人物と会話したり起こる出来事に対処しながら
日々を過ごして、人間関係を広げ変化させていく。多様な展開を予感させて魅力的。

トゥルーフォーチュン [PS2]
主人公を見守る優しい兄であり木戸生徒会長も友として信頼を寄せる、真人(まさと)を公開。
「兄~THE WORLD~」のカードを使うと占いイベントで登場する。
システム情報も。占いパワーを使って引いたカードを男の子に当てはめてイベントを発生させ、
それによって好感度が一定以上になると特別なストーリーイベントが発生する。
下校マッチング会話は相手の好みに合わせて話題を選び、盛り上がると下校デートに誘えるようになる。

・星空のコミックガーデン [NDS]
コミックモードの詳細公開。タッチペンを使って、下絵をなぞるペン入れ・カッターでトーン貼り。
時間内に成功すれば一緒に作業した相手の親密度がUPする。
キャストは宮野真守、緑川光、関俊彦、柿原徹也、神谷浩史、
ストーリー構築は、令嬢探偵のシナリオも担当した森田美登里、山崎浅吏。
アフェクトは確かSIMPLEDS「THE交渉人」を開発したメーカーです。


「ビタエボコンプリートガイド」(5/7発売)の表紙絵、衣笠先生の生足(?)が気になりました。
ヴァンテアンがカヌチ、ヒューネックスがリアルロデ開発中ということで、
D3PからはしばらくPS2フルプライスゲームは出ない気配でしょうか。
この記事のURL | ゲームいろいろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薄桜鬼~新選組奇譚~
2008/03/28(Fri)
電撃PSにて、オトメイト発カズキヨネさん原画の新作発表。
「薄桜鬼(はくおうき)~新選組奇譚~」(PS2)9月発売予定。
動乱の幕末を舞台にした伝奇恋愛ファンタジーAVG。

失踪した蘭学者の父親を捜すために京都に来た主人公・千鶴は、
そこで事件に巻き込まれ、新選組隊士たちの正体が血に飢えた吸血鬼だという秘密を知る。
はからずも新選組に籍を置きながら父を捜すことになる千鶴。
戦いの中で、浪士たちの中にも新選組隊士と同じ不死の能力を持つ魔物がいることを知る…。

幕府と倒幕勢力との争いの影で繰り広げられる、西洋の吸血鬼と新選組との闇の争い。
「誇り高き壬生の狼は……夜ごと血を啜る吸血鬼へと変わる……」。

歴史ファンタジーとあって、史実を重視した幕末恋華とは違った雰囲気。
新選組×吸血鬼という異色の取り合わせにびっくりしたけど、
イラストの美麗な土方(?)を見てたら、これはこれでありな気がしてきた。
不死の存在が幕末という時代をどう生きるのか、怖いもの見たさで見てみたいかもしれない。
刀を差した主人公は、緋色や翡翠の主人公と比べるとやや男の子っぽい印象。

4/10発売の電撃GSにて詳細公開。
オトメイトの開発ラインていくつあるんだろう。
この記事のURL | ゲームいろいろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
B'sLOG5月号
2008/03/18(Tue)
今月はまたページ数が多いですね。新作4本をピックアップ。

・トゥルーフォーチュン [PS2](ファミ通記事
「キミキス」スタッフとキャラデザひびき玲音による、女性向け学園恋愛シミュレーション。
占いの結果が現実になるトゥルーフォーチュンカードを使ってイベントを発生させ、
クリスマスまでの2ヶ月を過ごして恋を実らせるのが目的。
イベント150種類以上、フルボイス、「キミキス」で導入された下校マッチング会話システムも。
癖がなく安定した綺麗な絵で、カードを男子に当てはめていくシステムが楽しそう。
「魔人学園」の今井監督とのタロット話から生まれた企画だとか。2008年発売予定、7140円。

・カヌチ 白き翼の章 [PS2]
オトメイトとヴァンテアンシステムズの異世界ファンタジー。
キャラデザ桐矢隆。キャッチコピーは「愛し合うだけがすべてではない」。
タカマハラ国を舞台にした「白き翼の章」とヤスナ国が舞台の次作「黒き翼の章」の2部作。
王立警備隊の鍛冶師に志願する少女アキとその体に入り込んだ戦女神カヤナのダブル主人公で、
途中でどちらを選ぶかによって物語が変化する。「白き翼~」ではアキが恋愛、カヤナが燃え担当。
攻略対象は13才の国王クガミ、48才の隊長オウバ(妻に先立たれ独身)をはじめとする王立警備隊5名。
武器作りに必要なアイテムを集めてクエストを受けて報酬を得るSLG要素も有、シナリオとリンクしている。
乙女ゲーらしからぬ独特な雰囲気の絵柄です。凝った衣装や表情のパターンも豊富に用意。
聖戦でカヤナが討ったヤスナの王子や、オウバの一人息子の行方が気になる。鍛冶のやり込みも楽しみ。

・妖ノ宮(あやしのみや)[PC]
「パレドゥレーヌ」に続く、工画堂のプリンセスシミュレーション第2弾。
人間と妖の間に生まれた姫君を主人公とした和風の世界観で、攻略キャラクターも
鎌倉武士風の若手官僚、妖狐の血を引く異形の退魔師、異国伝来の技術を伝える宣教師など様々。
姫は日本人形のような愛らしさで、役者の御舟幸之進の舞スチルが華やかで目を引きます。
シミュレーションパートは前作より簡単操作、やり込み度の高さは健在。恋愛の難易度は低め。
妖の術を操る恐ろしき姫となるか、民思いの心優しき姫となるかはプレイヤー次第。6月発売予定。

・星空のコミックガーデン [NDS]
D3のマンガ家体験恋愛シミュレーション。原画街子マドカ、プロデューサー播野博子、開発アフェクト。
マンガ家を目指す主人公が転がり込んだ下宿先には、家主の幼なじみのほか
人気マンガ家、アマチュア作家、若手声優まで住んでいて…?
アドベンチャーモードとコミックモードを交互にプレイして進行、
コミックモードではタッチペンでペン入れ、画面に息を吹きかけてホワイトを飛ばす(笑)
などマンガを描く工程を実際に楽しめて、男性陣との共同作業もあり好感度に影響する。
既報のラフ画よりいい感じでした。イロモノには違いない。8月発売予定。

この記事のURL | ゲームいろいろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。